ベレー帽のワークショップ

最近人気なのが、ベレー帽のワークショップ。

今週は、18日、19日に受け付けています。
興味のある方は、ご連絡くださいね。

heavensgarden12@docomo.ne.jp


d0206007_1933455.jpg
d0206007_19341349.jpg
d0206007_19344348.jpg

[PR]
# by kakunobue | 2017-01-17 19:35 | イベント&作品情報 | Comments(0)

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

元旦と日曜日が重なったので、久しぶりに家族揃って礼拝に出席しました。
と言っても、家人が牧師をしている教会の礼拝なので、仕事場にお邪魔するような形ですが、皆さんいつものようにあたたかく迎えてくださって、いい時間でした。

ジャックはここでもピアノ奏楽の奉仕です。弾き初めでしたね。
d0206007_23595540.jpg

そして、1グラス1ブレッドの主の晩餐にも与りました。
みんな並んで、キリストの体であるパンをいただき、血潮である葡萄ジュースの入ったガラスボウルに浸していただきます。
d0206007_003395.jpg



カトリック教会のミサのようで、ちょっといつもと違った雰囲気でした。

さてさて、私のおせちは…明日開催の恒例の新年会にて、皆さまの胃袋に収まる予定です。
楽しかったなあ~。3日間のお料理。
肉とか野菜をさわっているとたくさんのきれいなエネルギーをいただくようです。
d0206007_011023.jpg


昨日は結局、夕方までおせちにかかりきりで、お餅を買いにいくのが遅くなりました。
きれいなお餅を八百屋さんで見つけたので手にすると、おじさんたちが、ラッキーな人だと、口々に言います。

1日のうちに3回に分けて入荷したところ、品切が続いてだいぶお客さんを断ったとか。
最後の一袋を私が難なく取り上げてしまった。たった一袋、残っていてくれてよかった。

本当に美味しいお餅でした。
d0206007_02580.jpg



さてと、明日の新年会、来てくださる方がハッピーになれるようなサービスができますように。

また、今年もこのblogを読んでくださる皆さんと、豊かな時間をいっしょに過ごしていけたら幸いです。

どうぞよろしくお願いします。
d0206007_012767.jpg

[PR]
# by kakunobue | 2017-01-02 00:04 | 日記 | Comments(0)

1月の予定


d0206007_0381473.jpg


いよいよ今年も終わりに近づいてきました。
すでに、1月の予約が入り始めましたので、
オープン日をお知らせしますね。

ご都合のつく日をご予約ください。

1月
7日(土)
11日(水)
12日(木)
13日(金)12時30分~ くつろぎ羊毛ワークショップ@大名クロスガーデン
14日(土)
18日(水)
19日(木) (*アクセスバーズR体験会も同時開催)
25日(水)

基本的に11時から17時までですが、
作るものによって所要時間が異なりますので、
来られる時間帯はご相談ください。

ベレー帽、ショートストールはランチ込みで約5時間(5000円)、
ルームシューズはランチ込みで約8時間(8000円)です。

この他、動物やマスコット、
羊毛刺繍などのワークショップを開催しています。

ルームシューズ(5400円~)、ベレー帽(2600円~)、
ショートストール(2000円~)は、受注製作販売も行っています。
まだまだ寒い日が続きます。
数によりますが、年内にお受けしたご注文は
1月中にお届けできますので、ぜひご利用ください。


来年もよろしくお願いします。

※洗面所には、博士を待つ馬小屋。
黄金、没薬、乳香はどの辺りでしょうか?

d0206007_0385684.jpg

[PR]
# by kakunobue | 2016-12-29 00:43 | イベント&作品情報 | Comments(2)

野菜というより、いのちのような

d0206007_13564515.jpg
先週、ジャックから荷物が届いた。

電話では「サンタからだと思って」と言っていた。

全寮制の高校に通い、普通校でありながら陶芸やさまざまな作業に参加できる豊かな環境で、ジャックは米を作り野菜を育てている。

田畑での収穫がつまった段ボールは私の心を満たした。



学校にいかなかった時間は、私から何かが剥ぎ取られていくような、無力感を味わった。何もしてあげることができなかった。ただ、待って、待って、待ち続けた。

疲れきった心を時間をかけて、埋めていく作業が必要だっただろう。自分を見つめて、どんな自分であり、どんな道へ向かうべきかを、じっと見つめていただろう。

学校にも何度か車で送っていったが、建物が見えると表情が固くなり、具合が悪くなった。

ひとりの時間が必要だったのだ。



今、自分の居場所を自分で決めて、そこで呼吸できるようになったという。むろん楽しいばかりでもない。でも「自分で決めたから」という。
ようやく思春期の揺れる心を落ち着かせられるようになったのかもしれない。

荷物の中の大根は、太くて瑞々しかった。

泥がついて、形は愛らしかった。
それは、野菜というよりも、いのちのようだった。



学校に行かないと決めた日に、私は彼といっしょに戦う応援団長になったが、先日、もう心配しなくていいというので応援団は解団した。

しかし、母は死ぬまで母だ。


いっぱい渡したいのちが、今、戻ってきているような感覚を覚えている。
無駄になることはないのだろう。きっと。

大根は、おでんにした。昼は大根葉を炒めて食べた。

成長した大根は、太くたくましく瑞々しくて、苦味があった。


これからもずっと、ジャックの母でいられることをうれしく思う。

今週はジャックが帰ってくる。さて、何を作ろうか。

d0206007_13570985.jpg


[PR]
# by kakunobue | 2016-12-19 13:58 | エッセイ | Comments(0)

野菜というより、いのちのような

d0206007_13564515.jpg
先週、ジャックから荷物が届いた。

電話では「サンタからだと思って」と言っていた。

全寮制の高校に通い、普通校でありながら陶芸やさまざまな作業に参加できる豊かな環境で、ジャックは米を作り野菜を育てている。

田畑での収穫がつまった段ボールは私の心を満たした。



学校にいかなかった時間は、私から何かが剥ぎ取られていくような、無力感を味わった。何もしてあげることができなかった。ただ、待って、待って、待ち続けた。

疲れきった心を時間をかけて、埋めていく作業が必要だっただろう。自分を見つめて、どんな自分であり、どんな道へ向かうべきかを、じっと見つめていただろう。

学校にも何度か車で送っていったが、建物が見えると表情が固くなり、具合が悪くなった。

ひとりの時間が必要だったのだ。



今、自分の居場所を自分で決めて、そこで呼吸できるようになったという。むろん楽しいばかりでもない。でも「自分で決めたから」という。
ようやく思春期の揺れる心を落ち着かせられるようになったのかもしれない。

荷物の中の大根は、太くて瑞々しかった。

泥がついて、形は愛らしかった。
それは、野菜というよりも、いのちのようだった。



学校に行かないと決めた日に、私は彼といっしょに戦う応援団長になったが、先日、もう心配しなくていいというので応援団は解団した。

しかし、母は死ぬまで母だ。


いっぱい渡したいのちが、今、戻ってきているような感覚を覚えている。
無駄になることはないのだろう。きっと。

大根は、おでんにした。昼は大根葉を炒めて食べた。

成長した大根は、太くたくましく瑞々しくて、苦味があった。


これからもずっと、ジャックの母でいられることをうれしく思う。

今週はジャックが帰ってくる。さて、何を作ろうか。

d0206007_13570985.jpg


[PR]
# by kakunobue | 2016-12-19 13:58 | エッセイ | Comments(0)

幼い日の記憶

今朝、見るともなく朝ドラを見ていて、ある台詞にはっとさせられた。そして今日は1日中、その台詞が耳のそばに転がっているような感覚が続いた。

言葉の細部は曖昧なのだが、子どもの頃に叩き込まれたことが、いずれ役に立つことがある、といった内容だった。

最近、玄米を主食にするようになった。

最初はダイエットが目的だったが、以前から玄米が食べたいなあと思う日が、割りと頻繁にあった。家族がいるとこういう場合、難しい。ひとり分だけ玄米にする手間も煩わしい。ところが、どうしても玄米が食べたくなったので、大量に炊いて自分の玄米は冷凍し、家族の白米は普段食べる分だけ炊くようにした。

安心して玄米を食べるようになると、やっぱりおいしい。
白米も、特に新米はおいしいとは思うのだが、私は玄米の持つ弾力や穀類特有の歯応えに心地よさを感じるのだった。
もちろん体のお便りも快調となり、体重も順調に落ち始めた。玄米だけが理由ではない。快脹となると体の中がきれいになるのがわかるので、体に負担がかかることをしたくなくなり、アルコールやスイーツを控えるようになったのも体重減少の理由だろう。

なぜ私は玄米が好きなのか?

父親の座る位置に必ず玄米をいれた一升瓶が置いてあり、そこには棒が差し込まれていた。父はよく不思議な歌を歌いながら、その棒を上下させ、玄米の糠を落としていた。歌がおもしろいので、よく「私にもやらせて」と、歌いながら棒をついた。

ツンクリメンタカリンカンキョウ…

意味はわからないが、玄米の歌として記憶している。それでどのくらいの糠が落ちていたかは定かではないが、そうやって手をかけた玄米を食べるとおいしかった。父は、オートミールなどもよく食べていて、穀類の味をそれとなく教えてくれていたように思う。

玄米に限らず、最近、本当に「そういえばお母さんはこんなことしてくれていたなあ」とか、「ああ、私はやっぱり歌が好きだなあ」とか、気づくと子どものころに集中してやってもらったことや、夢中になったことに今、本当に助けられている。

幼き日の記憶、それは大きな宝物である。
未来の私になにかプレゼントしたいなら、幼き日にいろんな経験をしたり、たくさんの出会いを引き受けていくのがいいように思う。

今夜は「100年ごはん」というフィルムを見に行った。そこで配られたミニ弁当の主食は、もっちりとした酵素玄米だった。有機栽培のお野菜は、何れも畑の風景が目に浮かびそうなくらい、しっかりとした味を持っていた。

よい土によい種。
よい心身によい出会い。

大事にしたいことのひとつだ。

d0206007_23594367.jpg









[PR]
# by kakunobue | 2016-12-09 00:00 | エッセイ | Comments(0)

12月の予定

d0206007_10352635.jpg

寒くなったりあたたかかったり…なかなか気温が定まらない日々が続いています。
お変わりありませんか?

それでも季節はしっかり深まり、紅葉が美しく、クリスマスを待ち望むアドヴェントを迎えようとしています。

11月のヘヴンズガーデン2つのクリスマスマーケットのあとは、静かにゆっくりアドヴェントを過ごしていただきたく、ヘヴンズガーデンのアドヴェントを設定しました。

そのため、今週予定していた29日、30日をお休みさせていただき、ガスヒーターの設置工事を入れることにしました。

12月。
あたたかいお部屋で、皆さんにお会いできることを楽しみにしていますね。



12月の予定です。

2日(金)12時30分~くつろぎ羊毛カフェ@大名クロスガーデン



★ヘヴンズガーデンのアドヴェント★

11時~17時。ホットドリンクやスイーツも♪ランチは、ご予約くださいね。

羊毛ワークショップは800円~、木の実のリースワークショップは1500円~です。


7日(水) 羊毛と木の実のリースワークショップ&ミニマーケット

8日(木) 羊毛と木の実のリースワークショップ&ミニマーケット

10日(土) 羊毛と木の実のリースワークショップ&ミニマーケット

14日(水) 羊毛と木の実のリースワークショップ&ミニマーケット


15日(木) 作ってみよう! メリノストール(ランチつき 5000円~)&ミニマーケット
(※参加には、ご予約が必要です)


17日(土) 羊毛と木の実のリースワークショップ&ミニマーケット


21日(水) 羊毛と木の実のリースワークショップ&ミニマーケット

22日(木) 羊毛と木の実のリースワークショップ&ミニマーケット



クリスマスをハンドメイドのぬくもりで、あたたかくお迎えください。




d0206007_10362163.jpg





[PR]
# by kakunobue | 2016-11-28 10:45 | イベント&作品情報 | Comments(0)

かくのぶえ フリーライター 日記・エッセイ・詩・イベント情報・こどもメッセージ集。


by kakunobue
プロフィールを見る
画像一覧