アロマクラシコの誘惑

先日、編集会議のために上京した。二つの仕事の会議があり、またできたてほやほやの出版物の打ち上げもあり、それぞれの会場を考えると、アクセスがいいのは品川だったので宿を品川にとった。

いや、これはいいわけですな(笑)。本当は品川のアロマクラシコに行きたかったのです。

3月にお別れできなかった友だちとのランチを予約して、ゆったりイタリアンをいただいた。


小さな前菜はきゅうりとウニとトリュフスライス。
d0206007_21223662.jpg


前菜のフリット、青トマトの酸味がなかなかフレッシュ。レモンジュースの泡と西洋わさびがいい具合に。
d0206007_21225239.jpg


鱧とブラックオリーブのシェルパスタ。トマトソース。しっかりぴりっと味がおいしい!思わず白ワインをいただきました。
d0206007_21231238.jpg


デザートは半熟ショコラとマンゴー。そしてパッションのソース。
d0206007_2123302.jpg


フレッシュのミントとレモングラスティー。
d0206007_21234714.jpg



お友だちと会うのは実に4年ぶり!わたしたちオリンピックな関係ね、などと笑いながら、最近感じていること、考えていること、それぞれに起きた出来事を話していると彼女がぽろぽろ泣きだした。

「どうしたの?」
「ごめんね。酔っちゃった。泣き上戸」
と笑いながら言う。

「笑い上戸じゃない?」
「あはは。ね、もう少し飲んだ方がいいよ」

まあ、4年に一度の会合だものね。
そしてわたしたち、立派な大人だものね。

こうしておいしいものをいただくことも私は、自然に触れることだと思っている。
食べ物を扱う仕事をし始めて、どうしてこんなにストレスがないのだろうと不思議に思っていたのだけれど、高山なおみさんの著書に、「食べ物は自然だ」といった内容の文章がでてきて、なるほど、食べ物を扱っている限り自分が悪いエネルギーを持ちこまなければ、浄化されているのだと知った。

「そうか。そういうのって大事なのね」と彼女。フラダンスを習っている。
「そう思うよ。海に行けなきゃ川のそばで踊ってもいいし、それもかなわなかったら、こうしてたまには外でおいしいものを食べるのもいいと思う」

泣いて笑って飲んで食べて。

それだけでデトックスできた気がした。

今度はいつ会うんだろうね。また4年後かしらね。今度は何を食べようか。
[PR]
by kakunobue | 2012-06-27 21:32 | 旅っ記 | Comments(0)

かくのぶえ フリーライター 日記・エッセイ・詩・イベント情報・こどもメッセージ集。


by kakunobue
プロフィールを見る
画像一覧