空気から衣替え

アルバイトに行く道に、大きな沈丁花の木があり、そこを通ると沈丁花のとても素敵な香りに包まれます。

そろそろタートルネックのシャツではなく、少し首が出るような襟付きやノンカラーのシャツが着たいなとか、ブーツではなくパンプスで出かけたいなとか、季節の変わり目はおしゃれも変えたい気分ですが、春は空気から衣替えのようです。

近ごろは深呼吸できない日もあるけれど、ささやかな春の訪れのお知らせには敏感でいたいなあ。
[PR]
by kakunobue | 2013-03-08 12:00 | 日記 | Comments(0)

かくのぶえ フリーライター 日記・エッセイ・詩・イベント情報・こどもメッセージ集。


by kakunobue
プロフィールを見る
画像一覧