野を探す

今日は、ランチ予約のお客様をお見送りしたあと、かねてより気になっていたジャングルの野イチゴを探しに、草むらに入っていった。セイタカアワダチ草が、本当に私よりも背が伸びていてビックリ!

春には可憐な花をつけていた梅の木には丸々とした梅の実がなっていた。

草を鎌で切り、足で踏み倒していくと、日陰になった足元に野イチゴが見えかくれ。
摘んで摘んで、ジャムができるほどに♪
d0206007_2147865.jpg


近所のお墓にいくと、破竹がニョキニョキ。
春は椿を楽しんだ野には、枇杷も鈴なりに。

もののけ先輩といっしょに、収穫の喜びを満喫したのだった。

私には夢があった。ささやかだけれど。
ヘヴンズガーデンから歩いていけるところにある酒蔵に、実際に歩いていき、試飲したり、ビールを飲んだりしたいと思っていた。いつもお客様を案内するときは、車でいくことになり、試飲もままならないのだった。

汗をかいた体が望むのはビール、それだけである。

酒蔵にいくと期間限定の白ビールがあったので、早速グラスでいただく。
おいしい。でも、家で飲むには軽すぎる。
d0206007_2147413.jpg


というわけで、地ビール会員になり、アンバーを買うことに。
「近くですか?」と店員さん。
「歩いて6分くらいかな」と私。

「歩かんでもスキップで帰れますよ」
d0206007_2148645.jpg


楽しいおじさんだった。でも、スキップだと酔いが回りそうだったので歩いて帰る。

お風呂に入って、先輩が作ってくれた料理に舌鼓。は~、おいしい!!

「採ってきたものばっかりだけどね」
d0206007_21483315.jpg


最高の幸せですな。

ヘヴンズガーデン初めての夏。
おいしい季節に、ぜひぜひ、遊びに来ていただきたい。
[PR]
by kakunobue | 2016-05-21 21:51 | 日記 | Comments(0)

かくのぶえ フリーライター 日記・エッセイ・詩・イベント情報・こどもメッセージ集。


by kakunobue
プロフィールを見る
画像一覧