体の大仕事

日曜日の午後の賛美カフェからくしゃみが出始め、夕方のオラトリオから帰宅すると、喉が腫れ始めた。

もうどうにもならないくらい体がギシギシ痛くて、めまいがする。

月曜日、鼻水が出始めて、これはもう風邪でしょう!!というくらいの感冒症状が勢揃い。

そこからは薬が効かないほどひどいことになって、夕方になると発熱する。

昨夜は、やっとどういうわけか眠れたおかげで、今日は少し感覚が戻ってきた。

正直に言うと、風邪をひく人を見ると羨ましかった。

それだけ外からの異物に反応しやすいのだと思うのだ。
長いこと風邪をひけない私の体は、強いようで実は緊張してるだけなのではないかと思っていた。

やっとひけた。
体は痛みを発し、なにもしないことを要求している。
わかりました。しません。

いつも酷使してばかりでごめんなさい。
貪ってしまっておりました。

こうしてアイスクリームとマンガと昼寝の日々。
体がそれを要求しているかどうかはわからない。
でもこれしかできない。

でもね。
なんにもしないと、アイデアがよく浮かんで来るのです。
えー!それいいよ。やりたい!!という具合に。

ずいぶんよくなってきたのだと思う。

いつもありがとう。私のからだ。
神さまからお借りしている地上での器。
おつきあい、末永くよろしくお願いします。

さてと。

明日の復活に向けて、また寝よう。

d0206007_19485460.jpg

[PR]
by kakunobue | 2016-06-22 19:49 | 日記 | Comments(0)

かくのぶえ フリーライター 日記・エッセイ・詩・イベント情報・こどもメッセージ集。


by kakunobue
プロフィールを見る
画像一覧